マイルでマイライフ

マイルを量産してワンランク上の旅を目指します。実体験で得た有益な情報をあなたと共有します

タイ航空 機材の特徴と魅力 特典航空券はファーストクラスの予約も取れます

f:id:norijp01:20180119094655j:plain

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

マイルを貯めている方、航空会社の上級会員になられた方で、特典航空券を利用した海外旅行を計画されている方も多いと思います。私もそのひとりで、最近海外の航空会社にも興味を持っています。特に航空会社格付けランキングの上位に入る航空会社に注目してます。

タイ航空もその中のひとつ。ANAと同じスターアライアンスであって、機材の魅力と食事、おもてなしで評判が良いと噂されています。

今回、現在検討しているタイ航空について調べてみます。

スポンサーリンク

 

 

 

タイ航空の魅力

機材

f:id:norijp01:20180119100213p:plain

 

折角乗るなら思い切ってファーストクラス。せめてビジネスクラスは狙いたいところじゃないですか。

タイ航空でファーストクラスがあるのは2機種。エアバス社A380-800とボーイング社747-400.いずれも大型機で豪華な内装です。この機材でタイまで行くなら、羽田空港、成田空港、関西空港または千歳空港からになります。

しかし、総2階建て、音が静かで人気のあるA380は、成田空港と関西空港の2空港だけなのは少し残念ですね。

 

A380-800

f:id:norijp01:20180119101658p:plain

 

ロイヤルファーストクラス

f:id:norijp01:20180119103319j:plain

f:id:norijp01:20180119103340j:plain
f:id:norijp01:20180119103455j:plain

 

落ち着いた色ながら豪華さを感じますね。シートも208cmもあるので楽々足を延ばして寝られます。(余裕であまります!)プライベート性も保たれていますし、機内にファーストクラス専用のラウンジもあるので、例え機内時間が長くても快適に過ごすことができそうです。機内のラウンジってどこまで豪華なんでしょう。

 

f:id:norijp01:20180119115728j:plain

 

飲み物はヴィンテージシャンパン、カクテル、上質なワイン、ジュースと種類と質にこだわっています。

食事は、様々なコースから選択可能なので好みに合ったものを選択できます。また、それ以外のメニューも事前予約すれば可能です。

さすがファーストクラス、少々のわがままはすべて受け入れてくれるようです。

 

ロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)

f:id:norijp01:20180119104603j:plain

f:id:norijp01:20180119104623j:plain
f:id:norijp01:20180119104634j:plain

 

室内が紫色に覆われた機内はタイ航空らしさを表していますね。座席はANAビジネスクラスに使われているタイプと同じスタッガードです。同タイプをANAで利用したことがありますが、足元も十分広さがあるので窮屈さは感じません。

配列もカップルに便利なペアタイプと孤立したセパレートタイプに分かれているので同行者の有無で選択できますね。

 

f:id:norijp01:20180119110923p:plain

 

ロイヤルシルクでも、前菜から始まりメインそしてデザートが続きます。この機材ではありませんが、以前利用した時の感想として日本人にも合った味付けだと記憶しています。

その他、ロイヤルシルクにも小さいながらバーカウンターもあるようです。機内で気分転換するには良いかと思います。

 

B747-400

f:id:norijp01:20180119102025p:plain

f:id:norijp01:20180119112510j:plain
f:id:norijp01:20180119112516j:plain

 

機材の年代は少し感じるのは仕方ありません。しかしファーストクラスは今でも健在です。また、ロイヤルシルク席もシートピッチ、シート幅等、現在主流のB787より少し広いです。

席の配列(ロイヤルシルク)も2席ー2席とゆったりとした空間なのでくつろげるのではないでしょうか。

B747は以前大型機として一世を風靡してました。しかし今ではそのほとんどが退役し、日本に乗り入れている航空会社も僅かしかありません。貴重な機材なので、一度は乗っておきたい飛行機です。

 

路線時刻 

A380の路線を対象とした空港名と発着時刻は次のとおり。

f:id:norijp01:20180119203513p:plain

 

※枠に青色が付いたのがA380便です。成田ーバンコク間は毎日2便、関空からは毎日1便バンコクまで飛んでいます。

 

おもてなし

f:id:norijp01:20180119135208p:plain

 

以前利用した際感じたことですが、客室乗務員のおもてなしが良かったことを思い出します。

まずはハード面(機材・食事)で優劣をつけたくなりますが、実際旅の印象を決定づけるのは人との触れ合いですよね。

タイ航空のおもてなしは日本人に合っていると思います。おそらくタイ人の気質が日本人に近い?あってるんでしょう。

言葉は違えども、態度、やさしさ、もてなし方がとても心地良かったので今後も期待したいと思います。 

 

ラウンジ

タイ航空は3つのクラスに分かれたラウンジがあります。簡単に分けるとファーストクラス専用、ビジネスクラス用、スターアライアンス会員用です。

特にロイヤルファーストラウンジは、タイ航空または、スターアライアンス便ファーストクラス搭乗者専用なので希少価値は高いですね。

ロイヤルファーストラウンジ

f:id:norijp01:20180119120935j:plain

f:id:norijp01:20180119123731j:plain

 

ロイヤルシルクラウンジ

f:id:norijp01:20180119121015j:plain

f:id:norijp01:20180119125705j:plain

 

ロイヤルオーキッドラウンジ

f:id:norijp01:20180119121028j:plain

f:id:norijp01:20180119125716j:plain

 

バンコク空港は航空会社ラウンジ以外にも使い勝手のよいラウンジが5か所もあります。「プライオリティ・パス」さえあれば、そのすべてのラウンジが使用可能になります。詳しい内容は記事を読んでください。

 

タイ空港特典航空券は意外と予約可能です

タイ航空を利用するには、航空券を購入するかスターアライアンス加盟航空会社のマイルを使った特典航空券を発券するかの2択です。

エコノミークラスの航空券を購入するのはさほど問題にならないと思いますが、折角利用するのならファーストクラスかビジネスクラスですよね。

でも、購入するには高額です。

なので、私はANAのマイルの利用を考え調べてみました。

 

f:id:norijp01:20180120111925p:plain

ちなみにタイ航空の正規「関空ーバンコク間ファーストクラス」の運賃は40万円強にもなります。

 

f:id:norijp01:20180119130757j:plain

 

私はANAダイヤモンド会員ですが、調べてみるとANA便でのファーストクラスは全く空きがありません。

でも、タイ航空なら予約可能です!勿論直行便ですし、しかもA380と機材では一番優れた便です。

 

f:id:norijp01:20180119131409p:plain

 

では、ビジネスクラスではどうなのか?調べてみました。

結果は同じくANA便は僅かながらありますが、当然羽田経由となります。(ANAで大阪からタイへの直行便はありません)でもタイ航空なら予約可能です。

 

一緒に読んでもらいたい記事


まとめ

タイへの旅行を検討している時にタイ航空のことを思い出しました。そこで調べたのですが、機材・食事も日本の航空会社とそん色ない上に、大阪からなら直行便で行けます。

しかも、特典航空券が取りやすいなど言うことなし。益々タイ航空に魅せられました。今後は海外の航空会社にも目を向け、より快適な旅をしたいと思います。

あなたも少しだけ目線を変えてみませんか。

 

 この度も最後まで読んでいただきありがとうございました。

しーゆー ねくすとたいむ いふ ゆー うぉんと !

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ

Copyright©マイルでマイライフ All Rights Reserved