マイルでマイライフ

マイルを量産してワンランク上の旅を目指します。実体験で得た有益な情報をあなたと共有します

50代からのANA ダイヤ修行 備忘録 石垣島事前視察 その2 サンセットナイトカヤックは嵐で没だが動画はヌルヌル!?

f:id:norijp01:20171019213928j:plain

 

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

石垣島事前視察の続きです。今回はレンタカーで島内観光地巡りになります。

日帰り(自由時間6時間)で修行と観光を兼ねるなら何処まで行けるか?の予備調査も兼ねました。

石垣島はそれほど大きくなく、交通量が極めて少ないのでさっと廻れば大体の観光地には行けそうです。でも、ここまで来たら離島観光もしたいですね~

スポンサーリンク

 

 

 

空港から川平湾へ

 

 

まずは、石垣島最大の観光場所として有名な「川平湾」に向かいます。

空港からは30分ほどです。驚くほど車の量が少なく、信号もありません。意外とまっすぐな道なので誰でも運転できると思われます。

ただし、有名な観光地なのでゴールデンウィークを含め繁忙期は混雑するようです。

バスを利用される方は、「米原キャンプ場行き」がPM12:00とPM15:00の2本が運行しているので利用も出来ます。

 

川平湾(かびらわん)

 

概要

湾内の海は、光の加減や潮の満ち引きにより刻々とその色を変え、石垣島を代表する景勝地と評される。湾口をふさぐように横たわる小島(くじま)をはじめとする小さな島が湾内に点在し、海中には数多くの種類の造礁サンゴが群落を形成している。

湾内のサンゴ礁の景観は観光用のグラスボートから鑑賞することができる。潮流が強いため遊泳は禁止されている。

黒真珠の養殖でも知られているが、近年急速な水質汚染ならびに汽水化が進行しており、早急な対策が望まれている。  ※ウキペディアより引用

 

 

f:id:norijp01:20171019220204j:plain

 

f:id:norijp01:20171019220149j:plain

 

凄く綺麗な湾です。残念なのは雨は降ってませんが、どん曇りなので素晴らしい海の色とは言えませんでした。ここは再度リベンジしたいと思います。

小高い展望場所から見るのも良し。グラスボートに乗ってサンゴ鑑賞するのも良し。周辺も含め鑑賞目的の観光地です。

グラスボートは30分で¥1,080だったと思います。透明度も高く、魚とサンゴの鑑賞にはほど良い時間を過ごしました。

15分に1隻でるので、余り待つこともありませんでした。

なお、駐車場は無料もあるようですが、観光地に近いのは有料駐車場です。情報では1日300円と聞いてましたが、時間制となってました。それでも2時間強停めて300円ですから十分安いですね。

 

御神崎灯台(おがんざきとうだい)

 

 

f:id:norijp01:20171020231546j:plain

 

川平湾から車で約20分。御神崎は屋良部半島の西海岸にある岬、展望台から断崖絶壁の下、サンゴ礁が広がる海が見えます。

夕方に行くと夕日が綺麗なスポットとして有名のようです。ただ、日帰り修行では見ることは出来そうにありません。

晴れた日は西表島が見えるそうです。(上写真で言うと右上端あたり)

 

御神崎灯台へ入る道は少し狭いので注意が必要です。

また駐車場は無料ですが駐車スペースは数台。店とかも無くあるのはトイレと自動販売機のみです。

 

f:id:norijp01:20171020003817j:plain

 

昭和27年12月8日、岬の沖合で那覇から石垣へ航行していた八重山丸が季節風により遭難し、死者行方不明者35人もの惨事がありました。

そこで亡くなられた方々の碑も建てられています。

灯台から岬の先端まで歩いて行けます。ただ、冬にかけては相当風が強いらしいので服装には注意が必要とのことでした。

 

サンセットナイトカヤック

 

f:id:norijp01:20171020162412j:plain

※写真はグロースターさんからの引用

 

 

この日のメインイベントは「サンセットナイトカヤック」のはずでした。苦笑

波のない内海でカヤックを漕ぎ、海まで真っ赤に染める夕日を見たくて予約してました。

(残念ですが、日帰り修行には利用できません)

 

ところが、当日は朝から雨。でも、夕方になって雨も収まってきたので17:00にお店に行きます。

店でひととおりの説明を受けますが、夕日は望めそうにありません。現地に着くと風も出てきたので急遽マングローブ鑑賞を兼ねたカヌーツアーに変わりました。

自然相手のアクティビティなので仕方ありませんね。

 

f:id:norijp01:20171020163851j:plain

 

カヌーは初めてでしたが、意外と誰でも簡単に漕げます。インストラクターの後を追うように川上に向かって漕ぎだすこと10分。突然、空が真っ黒になり風が吹き嵐になります。

海から吹く風でカヌーは上流に流され、一瞬焦りましたが川岸のマングローブ林に退避し嵐が去るのを待ちます。

短時間で風、雨とも収まったので出発地点に戻りました。

 

以上終了?! 苦笑

 

このまま進んでまた風雨になると危険なので中止は仕方ありません。時間にして30分ほどでしたが、貴重な体験も出来たので私的には楽しめました。

でも、期待したサンセットナイトカヤックは体験出来なかったので何時かリベンジしたいですね。

 

尚、今回は途中で中止となったので料金は全額返金されました。とても親切です!

 

お店情報

店名 : GLOW STAR

問合せ: 090-5485-1645

コース: サンセットナイトカヤック / ナイトカヤック

料金 : 上記どちらも¥6,500(約90分)

 


石垣島 サンセットナイトカヤック

 

スポンサーリンク

 

 

初めて使う最強コンビで動画がヌルヌル

 

f:id:norijp01:20171020171905j:plain

 

この旅行のもう一つの目的はこのジンバルを使った動画撮影でした。

9月の旅行前に買った秘密兵器「ジンバル(電動3軸スタビライザー)」がやっと使える日となりました。笑

 

バリ島にも持って行ったのですが、いきなり故障して使えずじまい。

そして今回「川平湾」がデビューです。なんとかなるだろう!って使い方の練習も一切せずいきなりの本番でしたが、どうにかなりました。笑

 

さすがジンバルですね。画面のガクガク感はまったくなく、後で再生してその威力に驚きました。

 

ジンバルとは

 

ジンバルとは、動画を撮影する際、左右上下の揺れ、ブレを自動で安定化させるための機材です。現在売られているのは、3軸を電動で制御するタイプがメイン。素人でも揺れのない動画を撮るのに最も適したアイテムです。

 

カメラはSONY DSC-RX100 M3

 

f:id:norijp01:20171020214409j:plain

 

カメラはブロガー御用達なので敢えて説明する必要さえない大人気のSONY製コンパクトデジカメです。買ったDSC-RX100 M3の動画はハイビジョン対応。M5は4Kですが、そこまではいらないかなって思ったのと、お手頃価格になったのでこちらを購入しました。

 

f:id:norijp01:20171020215237j:plain

 

手のひらサイズなのに有効約2010万画素の大型1.0型CMOSセンサーを搭載してます。これによって静止画だけでなく動画撮影時も、ノイズが少なく美しい暗所撮影が可能になりました。

 

f:id:norijp01:20171020215458j:plain

 

その上、F1.8のZEISS製レンズを使用。このクラスでは最強のレンズです。暗い所でもフラッシュなしで綺麗に取れます。

 

f:id:norijp01:20171020220036j:plain

 

勿論こんな「ボケ写真」が誰でも簡単に撮れるのが、ブロガーに愛されるところなんですね。

 

実際に初撮影してみました

 


石垣島 秋の川平湾 ジンバル初使用

 

 普段どおりに歩いてのでかなり像が上下してます。手持ちでこれだけ上下すると見るに堪えれない動画になります。でも、ジンバル使用すると動画がヌルヌルしてます。

いやぁ~ これは良いです。凄い機材を手に入れました。

今後、出来るだけ多用して下手な文書を補ってもらいます。笑

 

 

まとめ

 

石垣島は、沖縄本島、西表島につづく3番目に大きな島と聞いてましたが、想像していたほど大きくありませんでした。

レンタカーを借りれば、日帰り修行で観光も十分できそうです。

今回は、2泊3日と時間があったので一日で島の半分を廻りましたが、一気に島一周も可能だと思います。

なにより、これほど自然が残された離島に直行便で気軽に行けるところはありません。

逆に、関西からでもPPが稼げるプレミアムクラスで行くと往復約6万もかかります。

折角多額の費用をかけて行くなら、この大自然も同時に満喫すべきです。

 

次回は、島の東側(平久保崎方面)の紹介と、石垣市内の様子をレポートします。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

しーゆー ねくすとたいむ いふ ゆー うぉんと !

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ

Copyright©マイルでマイライフ All Rights Reserved