マイルでマイライフ

マイルを量産してワンランク上の旅を目指します。実体験で得た有益な情報をあなたと共有します

海外で保険付帯カードが必要な理由 2017/9/4記事更新

f:id:norijp01:20170828213617j:plain

 (※この記事は2017年9月4日に更新しました)

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

つい最近、知り合いが海外で負傷した時に高額医療費が発生した事を聞きました。何となく高額になるとは聞いた事はありましたが、身近で起きると他人事ではありません。

 

クレジットカード入会と言えば、つい高額ポイントに目を奪われがちですが、危機管理の事も踏まえて選ぶことも必要ありそうです。

スポンサーリンク

 

 

 

事の発端


その方は、海外旅行には良く行く方だとは知ってました。結構注意深く行動する方なんです。

それが、今回レストランから帰る途中階段を踏み外して足を骨折。

直ぐに病院へ行くも手術が必要とのことで、余儀なくその場で入院。


術後しばらくたって、経過良好でやっと退院できる運びとなりました。でも、自分だけでは帰国が難しいとのことで、結局奥さんを呼び寄せ帰国したそうですがどの位かかったと思います?

 

費用総額はざっと500万円!!

 

足が不自由なので帰りはビジネスクラスを使ったらしいのですが、アジアの国で骨折治療費に500万とは・・・

 

唖然とするより怖くなりました。見知らぬ国でボッタくりにあったのかと思いましたが、色々話を聞くとその位はかかるらしいです。

 

国民健康保険で暮らしている我々には想像できませんよね。


その方は幸い高額保険付帯のカードを数枚持参していたので自腹を切ることは無かったようですが、怖い話です。

 

私ならどうしただろう??

 

500万自腹切ったら即死亡です!

 

普段、保険の事など考えたこともありませんから。支払い金額を聞いた直後に病院から脱走!そして亡命!? 苦笑

 

とっさに保険付帯カードの事など思いつかないじゃないか?

 

痛み、恐怖と不安でパニックなるのでは?

 

いや、たとえ思い出してもどうしたら利用できるか全くわからぬ。

無知とは怖いものです。

 

外国人にとってもそれは同じ。日本でも旅行保険に入ってないととんでもない高額医療費がかかるようです。

withnews.jp

 

そこで今更ですが、調べてみることにしました。

 

保険付帯カードの選び方

 

海外へ行く際、海外保険を別途かける方は別ですが、クレジットカード機能のひとつに保険付帯があります。

 

あなたは、自身のカードの保険付帯をしっかり把握されてますか?

 

でも、カードによって千差万別なんです。意外と知らずに利用されている方も多いと思います。

 

そこで保険付帯について重要視すべき点を調べてみました。

 

重要視すること

 

1.傷害・傷病治療額が高いカード
2.治療時に立替費用が発生しない(キャシュレス診療)
3.救護者費用額の高い
4.利用付帯より自動付帯
5.携帯品損害額が高い

 

理由

 

1.海外での治療費はバカ高いからです。時と場合によりますが、最高金額で言うとアジアで500万程度。ヨーロッパで700万程度。アメリカでは1000万程度かかると思っていた方が良いです。(と言うことは、1枚ではカバーできないので複数枚必要ですね)

 

2.高額治療費を現地で自身で支払うのは無理です。立替費用の発生しないカードが必要ですね。

 

3.手術等行った場合は、ひとりで帰国するのは厳しいです。家族を呼んでサポートが必要となるので、救護者費用もカバーしてほしいです。

 

4.家を出てから帰って来るまでサポートされる保険が望まれます。

 

5.海外では携帯品が破損、盗難に合うことも稀ではないので保証は必要です。

 

※但し、今書いているのは本人のみのこと。家族で行かれる場合は家族カードもないとダメですね。

 

保険付帯カード

 

年会費が安いカード

 

f:id:norijp01:20170828214325j:plain

 

年会費が無料で保険付帯がしっかりとしている一番のカードは「エポスカード」です。

利用付帯となりますが、「楽天カード」も重要視される保証は満たしています。

年会費がかかるカードと比べてもそん色ないので持っておいて良いカードですね。

 

年会費が高額だけど保険付帯が充実しているカード

 

f:id:norijp01:20170828214833j:plain

 

いづれのカードもそん色なく充実していると思います。JCBのクレジットカードは1億円と吐出しているように見えますが、死亡、損害責任に限られています。

ここでも「楽天プレミアムカード」は重要視される保証は高額です。

 

保険付帯には向かないカード

 

f:id:norijp01:20170828215441j:plain

 

マイルを貯めるには都合の良いカードばかりで皆さんもどれか1枚は持ってるカードですね。

でも、保険付帯を考えた場合には、あまり役に立ちそうにはありません。

 

と言うことで、年会費無料の「エポスカード」に入会することにしました。

今ならGetMoneyで¥7,000相当もらえます。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

 

 海外行く前に知っておくこと

 

いくら保険付帯カードを持っていても、使い方を知らなければいざと言う時に使えません。

 

最低限覚えておくことは

 

1クレジットカード番号

2.本人確認できるもの(パスポート)

3.行先(国、ホテル名)

4.入国・出国日

 

病院に行く場合の流れ

 

1.海外旅行保険(クレジット会社)の緊急デスクへ電話する

 

電話番号が「012-345-6789」の場合は。頭「0」を外して国際電話識別番号「001」の後に日本の国番号「81」を付けて発信

具体例

「001-81-12-345-6789」

 

★エポスカード

エポスカード海外緊急デスク

 

★楽天カード・楽天プレミアムカード

海外旅行傷害保険に関する問い合わせ先

 

★三井住友カード

緊急アシスタンスサービスご連絡先

 

★JCBカード

JCBプラザコールセンター

 

 

2.キャシュレス診療可能病院を探してもらい、そこへ行く。

 

3.指名等を名乗って診療を受ける。(パスポートとクレジットカード持参)

 

病院から戻れたらおとなく帰国してください 苦笑 

 

まとめ

 

快適な旅をするには、最低限のリスク管理も必要です。昨今、テロ等外敵なリスクもありますが、病気、けがも無いとは限りません。

 

いざと言う時に事前知識と備えをして海外旅行を楽しみたいものです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

しーゆー ねくすとたいむ いふ ゆー うぉんと !

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ

Copyright©マイルでマイライフ All Rights Reserved