マイルでマイライフ

マイルを量産してワンランク上の旅を目指します。実体験で得た有益な情報をあなたと共有します

初夏の京都 ヴァンクリーフ展(京都国立近代美術館)とそばを食す小旅行

f:id:norijp01:20170604130149j:plain

京都国立近代美術館で超高級ジュエリーで有名なヴァンクリーフ&アーベルの作品展が開かれていると聞き、新緑の京都へ行ってまいりました。

 

爽やかな京都で普段見ることのできないハイジュエリーを見学。その後、夏らしい冷たいそばを頂きましたが、たまには趣を変えた小旅行も気分転換には良かったです。

スポンサーリンク

 

 

 

ヴァンクリーフ&アーベルとは

19世紀初頭、パリのヴァンドーム広場22番地に創立されたハイジュエリーメゾン(ジュエラー)。主に女性向けのファインジュエリーを中心に、時計、香水などを展開する。1999年からリシュモン傘下に入っている。四つ葉のクローバーをモチーフとした「アルハンブラ」や「ペルレ」が人気。フェミニンで繊細、エレガントなデザインが特徴的で自然をモチーフとしたものが多い。1点ものの高価な商品が多く、全ての商品が職人の手作りで生産されている。ミステリー・セッティングと呼ばれる独自の特許技術によるセッティングや、小物入れ、時計の技術などで特許を持つ。モナコ公室御用達ブランドでもある。 現在は世界各国に70店舗、日本では現在18店舗とeブティックを展開。   「Wikipediaより引用」

 

特に宝石を支える爪を表から見せない宝飾技法(ミステリーセッティング)はマンドール(黄金の手)と呼ばれる職人によって現在まで継承されているとのことです。

 

全く爪が見えないので、作品にちりばめられた宝石だけに目を奪われます。見事としか言えません!

 

 超高級ジュエリーの数々

f:id:norijp01:20170604132010j:plain

 

ヴァンクリーフ&アーペルと言えば、超高級ジュエリーとして名前しか知らなかったのですが、数々の作品を見ると芸術品であり、「技」を感じる素晴らしいものばかりでした。

 

f:id:norijp01:20170604134226j:plain

使われている宝石もダイアモンド・サファイヤ・ルビー・プラチナ・ゴールド等世界の宝石を惜しげもなく作品に散りばめた物ばかりです。

 

展示された作品は1920年代から1960年代が多かったですが、時代を超越したものばかりで圧倒されます。デザインも古さのかけらも感じません。

 

どの作品を今の時代に使用しても違和感なんて微塵も感じません。素晴らしさだけが引き立ちます。

 

今回の作品はすべて個人所有を展示していたようですが、どれだけお金持ちの方なのか見当もつきません。価格については一切触れてませんが、数千万円から数億円の作品ばかりだと思われます。

 

日本の工芸品

f:id:norijp01:20170604135002j:plain

現在日本の著名な工芸作家4名による作品も同時に展示されていました。ハイジュエリーと日本工芸のコラボレーションも趣があり、対比した美の技も同時に堪能できます。

 

美術工芸品に興味のある方なら一日居ても飽きないのではないでしょうか?

 

私のような知識の無い者でも理解できるように、作品を作る工程を繰り返し上映しています。行かれた時は是非見てください。巧みの技がいかに凄いかがよ~く解ります。

 

会期期間と開館時間

会期 

2017年4月29日(土)~2017年8月6日(日)

 

開館時間

AM 9:30~PM 17:00

※4/19~6/30の金曜美、土曜日はPM 20:00まで

 7/1(土)~8/5(土)までの金曜日・土曜日はPm 21:00まで

 

観覧料

一般  当日¥1,500.  前売¥1,300

大学生 当日¥1,100.  前売¥900

高校生 当日¥500.     前売¥400 

 

京都国立近代美術館

 

f:id:norijp01:20170604142040j:plain

京都国立近代美術館へはJR京都駅から地下鉄を乗り換えて行きました。京都駅から約40分です。地下鉄東西線 四条駅から歩くと京都らしい町並みが続きます。

 

様々なお店がありますがどこもおしゃれですよね。

 

f:id:norijp01:20170604143126j:plain

美術館は平安神宮赤の大鳥居のすぐそばに位置します。周囲の建物と比べ、近代美術館と言われるだけに近代的な建築様式です。

 

※ちなみに大鳥居は日本最大級24.2mもの高さを誇っているとのこと。

 

f:id:norijp01:20170604144945j:plain

スポンサーリンク

 

 

そばを食す(権太呂 岡崎店)

f:id:norijp01:20170604145111j:plain

1時間程で見学は終わり近くを散策します。この辺りは京都でも北東に位置し、賑やかな河原町と比べ静かな場所です。

 

 

f:id:norijp01:20170604145354j:plain

新緑季節です。梅雨入り前の6月は京都でも湿度も低く本当に爽やかで散布には快適です。また、観光客も多少ですが少な目なので落ち着いた雰囲気も味わえました。

 

 

f:id:norijp01:20170604145749j:plain

おなかも多少空いたのでスマホでググってみると近くに京風うどんの店を見つけました。グルメ情報誌でも4.2と評価の高いようなので早速伺うことにします。

 

 

f:id:norijp01:20170604150346j:plain

美術館から約10分で到着しました。期待が高まるような門構えです。

 

 

f:id:norijp01:20170604150404j:plain

そば・うどん・丼物と種類は豊富なようです。私は夏限定の「ちらしそば」を注文してみます。冷やしたそばにとり南蛮、錦糸卵、のりにうずら等具材豊富です

あっさりとした味と温かいとりは良い合いました。量は多くはありませんので少食な方でも完食できると思います。

 

後で気づいたのですが、デザートに抹茶わらび餅が美味しそうでした。食べ損ねた~!

ちなみに代金は¥1,500 京都で食すそばは多少高いようです。

 

場所

この地図を見れば説明は要りませんよね。歩いて6,7分です。景色を楽しむなら川沿いを歩くことをお勧めします。

 

gontaro.co.jp

 

まとめ

たまに普段と違った行動をしてみると以外に新鮮ですね。私の中での京都は暑いか寒くて観光客で溢れているってイメージでしたが、この季節は最高でした!

 

勿論、ヴァンクリーフ&アーベル展も良かったですよ。高級宝石と言うより美術工芸ですね。勉強になりましたが、けっして買えるものではないこともよ~く分かりました。笑

 

空の旅も良いですが、ちょっとした空き時間を使って出かけるのも楽しいです。これでマイルが貯まれば更に良いのですがそうはいきませんよね。

 

まぁ食事も土産もカードで支払ったので100マイル程貯まった小旅行でした。笑

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

しーゆー ねくすとたいむ いふ ゆー うぉんと !

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 小遣いブログ ANAマイル・SFC修行へ

Copyright©マイルでマイライフ All Rights Reserved